高血糖 検査方法

高血糖の検査方法って?
Line

高血糖の検査方法とは?


ここでは、高血糖の検査方法について書いています。

高血糖の場合、病院に行くとどのような検査を受けるのでしょうか?

Line

高血糖の検査方法は大きく分けて3つ


高血糖の検査方法は大きく分けて3つあります。

・血糖値検査
・尿糖検査
・HbA1c

どのくらい血糖値が高いのか調べるために様々な血糖値検査を行います。

よく行われるのが空腹時に行う空腹時血糖値検査、食後2時間後に行う食後2時間血糖値検査、食事をした時間と関係なく行う随時血糖値検査などです。

血糖値が高いのは当然問題ですが、あまりにも低すぎるのもいけません。

あまりにも血糖値が低い場合を「低血糖」と呼び、こちらも治療が必要になります。

尿糖検査とは、尿にブドウ糖が含まれているのか調べる検査のことです。

基本的に健康な人は含まれませんが、高血糖の人だと尿にブドウ糖が含まれています。

HbA1cという検査を行うことで、血糖コントロールの状態を把握できます。

血糖値が正常でもHbA1cの結果が悪い場合があるので、注意しないといけません。

Line

高血糖の検査方法のまとめ


まとめておけば高血糖の検査方法は大きく分けて、

・血糖値検査
・尿糖検査
・HbA1c

の3つです。

高血糖になっていても気づかない人が多いといわれています。

これは自覚症状が乏しいためです。

他の病気とは違って、自覚症状が乏しく、気づかずに生活をしている人がたくさんいます。

そのため、急に体調が悪くなり、病院に行ってみたら高血糖だったというケースが多いです。

放置するとますます症状が悪化して、命に関わるような重大な病気を発症させてしまう危険があります。

「喉が渇く」「尿量が多い」「疲れやすい」「だるい」「食べても体重が減る」といった症状が見られる場合、高血糖の疑いがあるので、早めに病院に行って検査を行ってください。

発見が遅れて治療が遅くなるとその分、治すのが難しくなりますし、時間もかかります。

また、症状などを医師に説明しないといけないので、病院に行く前に聞かれそうなことをまとめておくといいでしょう。

よく聞かれるのは「どんな症状が出ているのか」「いつから症状が出ているのか」「どんな生活を送っているのか」「どんな食事をしているのか」「タバコを吸っているか」「お酒を飲んでいるのか」「持病を抱えていないか」などといったことです。

そして、信用できる医師に診てもらうためにも評判のいい病院を探してください。

話をきちんと聞いてくれないような医師は信用できないので、違うところに行かれた方がいいでしょう。

Line